現役最前線で教育業界に携わっている私(けいたく)として、小学生・中学生そして保護者の方にもためになる、わかりやすい情報を提供します!

スタディカフェ

モチベーションアップ勉強法

【生徒必見】勉強のやる気をONにする方法「スタンプ実験」

更新日:

受験生だけでなく、学生の皆さん勉強のやる気がなかなか出ないときもあると思います。そこで、モチベーションをアップさせる手助けができないかと思い、記事を書くことにいたしました!やる気を出すためには、やる気を出すための「考え方」(とらえ方)が大切です!

突然ですが「スタンプ実験」をご存知でしょうか?これはコロンビア大学ビジネススクールで行われたもので、あるコーヒーショップで行われた心理実験です。詳しい内容は以下の通りです。

あるコーヒーショップで、スタンプカードを使った実験をしました。

Aパターン コーヒーを10杯飲むと1杯無料になる。

Bパターン コーヒーを12杯飲むと1杯無料になる。ただし、最初から2個スタンプが押してある。

さて、無料のコーヒーを手に入れる人が多かったのはA・Bどちらのパターンの人たちだったでしょうか?

みなさんどちらだと思いますか?1杯のコーヒーに必要なスタンプの数はどちらも10個です。

しかし何と実験の結果は圧倒的にBだったんです。

なぜでしょうか?実は人は何か行動途中で終わったものについては、いつまでも脳にその記憶がインプットされるという特徴があります。もっと言うと無意識に気になっている状態が続くということです。

つまり、スタンプが2個すでに溜まっている状態というのは途中の状態であり、無意識に記憶されていくということです。

たとえば、しないといけない宿題があるとしましょう。その場合、一気に全部の宿題をするとなるとなかなか手を付けたくないかもしれませんが、1ページでも手をまず付けてみてください。そうすると脳は途中の状態が気になる状態が続き、やろうと思える気持ちが高まるということです。

実はもう一つこの実験結果ではポイントがあります。それは「人は、ゴールまでどのくらいあるかよりも、スタートしてからどのくらい進んだかを感じ続けたほうが、ゴールにたどり着ける確率は上がる。」ということです。

スタンプが2個ついていること→2個溜まっているととらえやすくなる。

スタンプがまったくついていない→10個溜めないといけない

普段の勉強やこれは仕事についても考え方は同じです。

自分の足りないところばかり見ているとやる気は落ちます。

昨日よりも今日成長したことや、学んだことをポイントを溜めていく感覚でとらえ、今日も1ポイントたまった!2ポイントたまった!と考えるほうがモチベーションは向上するということです。

ぜひやる気のあがる考え方を普段からするクセをつけていきましょう!!

 

-モチベーションアップ勉強法

Copyright© スタディカフェ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.