現役最前線で教育業界に携わっている私(けいたく)として、小学生・中学生そして保護者の方にもためになる、わかりやすい情報を提供します!

スタディカフェ

中学入試・高校入試情報記事

【大暴露】小学生・中学生塾選びのポイント!!

更新日:

今回は塾選びのポイントを客観的な視点からお伝えします!

結論からいいます。塾選びのポイントは1つだけです!!それは

「授業を体験してよかったところが本人にとって1番よい!!」

ホント単純なこと、これだけです。

ほとんどの塾では1回、もしくは1週間は無料体験できます。その無料体験でその教室の先生たちの授業を受けて、わかりやすければOK、分かり辛いとかんじたら入るのは辞めてください。これだけです。

しかし、実際塾選びとなると、大手の塾、個人塾など様々あるなかで合格者数・合格率が気になると思います。

が、そんなものは全然あてになりません!!

その理由を内情を知っている私から暴露していきます。

①合格者数はあてにならない

これは大手塾が使う手法で、○○高校○○人合格(九州No1)など唱っています。正直この人数全然当てになりません。理由は明確。生徒数が多ければ合格者数も増えるからです。大手の場合、TOP校の実績を上げるため、きわどい生徒にも受けることをすすめてきます。すすめるときは、変な疑いがないようにちゃんと伝えてきますが。合格者数は、大手が多いのは当たり前です。中小の塾ではこれにはかないません。

②合格率はあてにならない

これは大手だけでなく、中小の塾も使います。○○高校合格率93%!や100%!などです。内情を知っている自分から暴露すると、これは11~12月にかけて塾でも中3は3者面談を行うのですが、その時に合格が厳しいところを志望校にあげている生徒や保護者には合格が十分見込める高校の受験にうまく誘導します。こちらもプロですからうまく誘導します。そして合格者数では大手に負けるけど合格率でアピールしていこうという塾側の戦法です。

 

◎まとめ

以上のように、合格者数・合格率は塾選びのメインにしてはダメです。必ず体験授業にいって生徒本人が良かったところにいってください。そのためにも少なくとも3~4つの塾の体験も勧めます!そして、ここからがポイントです。同じ塾でも教室いる先生によって分かりやすさの差はかなりあります!!

当たり前ですが、塾の先生たちも人間ですから授業の「うまい」、「へた」があるのです。ですので、その塾の近くの教室に実際に行って授業を受けて、そしてその塾に入るというよりかその教室の先生のところに入るという考え方が正しいです。そして、自分にとってわかりやすいと感じる先生がもし辞めたり、異動するとなったときは、転塾も考えるべきです!

どのサイトや世の中の塾の先生たちも言わないことなので、はっきりと書きましたが、ぜひこれをご覧の皆さんは参考にされてください。

皆さんが自分にとってベストな塾を見つけられることを祈っています!

PS:最近は塾ナビという塾の口コミサイトがあります。https://www.jyukunavi.jp/

実際にその塾の教室に通っていた生徒・保護者の口コミが見れますので、参考にするとよいですよ。ただ大手の塾中心に掲載されており、個人塾までは登録されていないことが多いので、その点は気を付けてください。

以上、詳しくもっと知りたい方、質問などは、ツイッターにて受け付けています。https://mobile.twitter.com/Z7JRNCjT5DXctjD

-中学入試・高校入試情報記事

Copyright© スタディカフェ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.